健康維持に必要なミネラル

私たち人が、生きていく上で欠かすことのできない5大栄養素をご存知ですか? 5大栄養素とは、「たんぱく質」、「脂質」、「糖質」、「ビタミン」、「ミネラル」であり、これらの栄養素が柱となって私たちの体を支え、調子を整えているのです。こちらでは、そんな5大栄養素の中からミネラルについて説明したいと思います。

ミネラルとは

ミネラルの種類はとても多く、100種類以上あるとされています。人間の体は、酸素や炭素、水素、窒素の4大元素から成り立っており、全体の約96%がそれにあたります。そして、ミネラルは残りの4%にあたる元素のことをいうのです。わずかではありますが、このわずかなミネラルが私たちにとって重要な働きを担っています。

健康を維持するミネラルの働き

ミネラルは、骨などの体の組織を作ったり、体の調子を整えたりと人の体に欠かせない働きを担っています。人の体に必要なミネラルは16種あるとされており、ナトリウムやカルシウム、鉄、リン、カリウムなどのよく目にする栄養素がそれにあたります。 しかし、人の体に欠かせないものでありながら、私たちの体内ではミネラルを作り出すことができません。そのため、食品でミネラルを補う必要があるのです。ただし、ミネラルには摂取しても吸収されにくいという難点があります。健康維持を目指してミネラルを効率よく摂るのなら、ミネラルの吸収を補助してくれるビタミンを一緒に摂ることが大切です。

塩はミネラルが豊富?

日本でも沖縄をはじめとした各地で作られている塩は、ミネラルを豊富に含む食品として健康志向の方から注目されています。塩は、料理の味付けをする際になくてはならない調味料です。そんな塩には、人工的に作られた精製塩から、海の恵みを含んでいる海塩、岩鉱塩から作られる岩塩など、いくつかの種類があります。

スーパーなどでよく見かける塩は、人工的に精製されて塩化ナトリウムが主成分となっている精製塩です。塩化ナトリウムもミネラルではありますが、精製塩にはその他のミネラルがほとんど含まれていません。そのため、成分を比較すると海塩や岩塩などのほうがミネラルは豊富に含まれているのです。塩は、料理などに気軽に使用できるため、家庭用だけでなくギフトとしても近年人気があります。塩を購入する際には、塩が何の塩であるのか表示を確認されることをおすすめします。