塩の種類について

料理の味付けに欠かせない調味料の一つに塩があります。塩と一言いっても様々な種類があり、それぞれ特徴が違います。こちらでは塩の種類について紹介していきます。

精製塩とは

精製塩は、精製して塩化ナトリウムで構成された塩を指します。同じ塩でも天然塩と精製塩では含まれている成分が変わります。

再生塩とは

オーストラリアやメキシコなどから輸入した塩を、濃い塩水で洗い、ニガリなどを添加した塩を指します。

自然の力で作られた塩

海水を使い昔ながらの方法で作られている天日塩、海水を平釜で炊きあげて作る平釜塩、岩塩、湖塩があります。岩塩は自然の力でできた、人の手が入っていない純粋な塩になります。岩塩は化石化するまでに長い年月が掛かるため、含まれていたミネラル成分が少なくなっています。
湖塩は塩水の湖、塩湖と呼ばれる湖からできた塩です。こちらも人の手が入っていない純粋な塩です。
天日塩とは、天日塩田で海水を太陽と風で蒸発させて塩の結晶を作る方法です。日本では昔、効率が悪いという理由から、法律の規制により天日塩田がなくなり、一時期天日塩が作れなくなりました。今は廃止され天日塩が作れるようになりましたが、コストが掛かることから本物の天日塩の数は減っています。
自然の力で作られた塩は、ミネラルやマグネシウムの成分が含まれており、本当の塩の味を楽しむことができます。

天日海塩『フナクヤー』では、沖縄県にある石垣島北部の海水を利用した天日塩を、通販にて提供しております。石垣島北部の海は、多くのサンゴ礁が生息している美しい海です。
天日海塩『フナクヤー』で販売しています塩は、太陽と風の力だけで作った本物の天日塩となります。カルシウム、マグネシウムなど様々な成分が含まれており、料理にお使いいただくことで食材のおいしさをしっかりと引き出してくれるでしょう。自然と人の優しさによって作られた天日塩です。おいしい塩をお探しでしたら、ぜひご利用ください。