塩を使った料理の技について

健康には、バランスの取れた料理が欠かせません。料理を作るには様々な技術が必要になりますが、その中でも塩を使った技が数多く存在しているのはご存知でしょうか。塩を使いこなせるようになることで、料理をもっと楽しめることでしょう。こちらでは塩を使った技についてご紹介していきます。

余分な水分を抜く振り塩

振り塩とは、料理をする前の食材に塩を振ることです。野菜に振れば塩の脱水作用で余分な水分を抜き、魚や肉は料理の味付けとして利用できます。それだけではなく、肉や魚に振ると身に弾力がでて、旨味が増し、臭みを抜くことができます。魚は塩を振ると塩の働きによってタンパク質が変化して固くなり、弾力がでて食べやすくなるのです。また塩を振ってから時間が経つと、魚に含まれているタンパク質が旨味成分に変化します。

肉や魚の旨味を引き出す紙塩

料亭ではよく使われている技術の一つではないでしょうか。紙塩とは、肉や魚を軽く湿らせた後、濡らした薄い和紙で包み、その上から塩を打ち付ける技術のことです。食材によっては、塩をつけることで変色するものがあります。それらの食材は、濡れた紙から塩を浸透させることで、変色を防ぐことができます。
また濡れた水分に塩が溶けて、まんべんなく味がつくというメリットがあります。繊細な味を大切にした日本ならではの技術と言えるでしょう。紙塩した食材と使用しない食材を比較して食べると、味に違いを感じることができます。

塩を使った技は化粧塩、ベタ塩、立て塩など他にも数多く存在しています。古くから調味料として使われ愛されてきた塩だからこそ、多くの技が存在しているのでしょう。

毎日の料理に使う塩をお探しでしたら、ぜひ天日海塩『フナクヤー』をご利用ください。天日海塩『フナクヤー』では、沖縄の石垣島北部の海で作った天日海塩を販売しております。自然の力で作った塩なので、塩の旨味、まろやかさを楽しむことができます。天日塩なのでミネラルたっぷりです。お世話になった方へのギフトにもおすすめです。