塩を上手に使っておいしい料理を作ろう

健康のために普段から、バランスの良い食生活を意識している方は多いことでしょう。バランスの良い食事を作るには、食材だけではなく、調味料にも注意する必要があります。多くの料理の味付けに使われる塩は、使い方次第で料理をもっとおいしくすることができます。こちらでは塩を使うポイントについて紹介していきます。

野菜を食べる前に

健康には欠かせない野菜。野菜に塩をふることで、中の水分を出すことができます。例えば、レタスや大根などの野菜に前もって塩をふっておくことで、内側は柔らかく外側は歯ごたえがある状態になります。しかし、サラダとして食べる場合は、塩を使いすぎると野菜の水分を出しすぎてしまうので注意が必要です。

緑野菜を茹でるとき

緑野菜は葉緑素という色素によって、緑色になっています。葉緑素は水につけても溶けることはありませんが、長時間茹でると溶けてしまい美しい緑色があせてしまいます。茹でるときに塩を入れることで、葉緑素を安定させ美しい緑色を保つことができます。

リンゴを切ったら塩水につけよう

リンゴはポリフェノール物質が含まれており、空気に触れることで酸化酵素によって酸化し変色します。塩水につけると水によって空気との接触面を遮断するだけではなく、塩が酸化作用の働きを抑え変色を防いでくれます。

湯豆腐と冷や奴

湯豆腐のほろっと口の中でほどける柔らかさを保つには、鍋に塩を少々入れることで火が通り過ぎて硬くなるのを防ぎます。また、水に少々の塩を加え、その中に切った豆腐を入れて冷蔵庫で冷やしておくと、冷たいビール、または熱燗に合う一段とおいしい冷や奴になります。

料理をおいしく仕上げるために欠かせないお塩。料理の味を左右する塩ですから、本当においしい塩を使っていただきたいと考え、天日海塩『フナクヤー』では、美しいサンゴ礁が生息している石垣島北部の海水を使った国産の天日塩を通販にて販売しております。
火力は一切使用せず、太陽と風の自然の力だけで作った天日塩です。ナトリウム、マグネシウム、カルシウムなど海の恵がつまっています。自然と人を慈しみ、できた天日塩です。ぜひ毎日の料理に、大切な方に贈るギフトにご利用ください。