石垣島の自然について

石垣島天日海塩『フナクヤー』では、石垣島北部の海水を使った天日海塩を販売しております。
石垣島には多くの自然が残っていますが、こちらではその中からいくつかご紹介させていただきます。

美しい海がある

石垣島は日本の最南端にある沖縄県の中でも南にある島であり、亜熱帯の自然があります。
一年を通して暖かい気候であり、年間の平均気温も24度程はあります。石垣島の観光名所である「川平湾」は日本百景にも選ばれており、ミシュランガイドの観光名所では3つ星を取得しているのです。

また、綺麗な海が魅力の石垣島には多くのビーチがあります。その中でも人気のあるビーチの一つに北部の「サンセットビーチ」があります。綺麗な海でしか生息できないサンゴ礁が発達しており、サマーシーズンには多くの観光客が訪れます。

透明度が高いので色とりどりの熱帯魚を見て楽しむことができます。
さらに綺麗なだけでなく、その触感が話題になった海ぶどうやミネラルたっぷりの天日海塩など、様々な特産品が生み出されています。

豊かな緑が育まれている場所

暖かい気候が魅力の石垣島には様々な植物が育っており、天然記念物が多数存在しています。
有名なものとして、ヤエヤマヤシ群落、宮良川のヒルギ林などが挙げられます。
宮良川のヒルギ周辺には様々な鳥や虫などが生息しており、河口まで繁茂しているヒルギ林は圧巻です。
ヤエヤマヤシ群落では国の天然記念物に指定されているヤエヤマヤシを見ることができます。

空に向かってまっすぐに伸びているヤエヤマヤシは、間近で見ればインパクトがあることでしょう。
石垣島には他にも雄大な自然を楽しめるバンナ公園や、美しい日没を見られるフサキビーチなど多くの観光スポットがあります。